〜ゲームや、その他気になったことに関して情報を載せています〜

クラッカーで太りやすい体質か分かるテスト!理由についても!

2019/05/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゲームや、その他気になったことに関して情報を載せています。
間違った情報がありましたら、教えていただけると幸いです。

5月26日(日)にの「林先生の初耳学」にて「クラッカーを食べるだけで太りやすい体質かどうかが分かるテスト」が放送されます。

一体どんなテストなのか気になりますよね。

調べてみるとクラッカーを食べることで分かるのは「炭水化物を食した時」に太りやすいかどうかということなのだそうです。

全般的な食事に対して太りやすいかどうかが分かるということではないそうですね。

炭水化物といえば多く摂取すると誰でも太るというイメージが個人的にはありましたが、そんなことは無かったんですね。

炭水化物を摂取することで太りやすい体質の人もいれば、太りにくい体質の人もいるということは炭水化物を減らすダイエットは太りにくい体質の人には、あまり有効でないことになります。

炭水化物を減らしたダイエットを行う際には一度、クラッカーのテストを行ってからにした方がいいかもしれませんね。

ではクラッカーのテストの方法と、何故クラッカーを食べるだけで太りやすい体質か分かるのか、また最後には太りやすさの指標となる「デブ菌」と「ヤセ菌」という菌について紹介します。

クラッカーで太りやすさが分かるテストとその理由

方法は単純で、まずクラッカーを口に入れます。

クラッカーを口に入れてから30秒以内にクラッカーの甘みを感じることが出来たら、炭水化物を効率良くエネルギーに変えられる体質なので、炭水化物では太りにくいということになります。

反対に30秒以内に甘みを感じられなかった人は炭水化物をエネルギーに変えることが得意ではなく、体に蓄積されやすいので炭水化物で太りやすいということになります。

また、どのタイミングで甘みを感じたかのかによって1日に摂取して良い炭水化物の量が異なります。

甘みを感じた秒数 1日に摂取して良い炭水化物の量(g)
0〜14秒 250g
15〜30秒 175g
31秒以上 125g

このようになっているようですね。

ダイエットをする方だけではなく太りやすくて困っているという方は、このクラッカーのテスト結果に合わせて炭水化物の量を調整してみるというのも良いかもしれませんね。

 

ダイエットというと炭水化物を抜けばOKみたいなイメージがありましたが、最近は違うんですかね。

確かテレビのダイエット企画で肉を食べたら太るというイメージだったが、実は肉は太らなくて炭水化物が太る原因であるというのを見た気がします。

だから炭水化物を減らしましょうみたいな感じだった気がしますが、現在ではそれも全員に当てはまるわけではないということなんですかね。

健康系は特にそうだと思いますが常識だったことが毎年のように「実は違うんです!」ってテレビで言われている気がします。

色々変わりすぎて、もう頭に全然入っていきません笑

 

炭水化物で太りやすい、太りにくいというのがあるということは他の食べ物でも太りやすい太りにくいがある気がします。

一般的に脂質も太る原因と言われていると思いますので、脂質も太りやすさを調べるテストがあるのか調べてみましたが特に見つかりませんでした。

勝手な予想ですが、もしかしたら将来的には食べ物ごとに太りやすさが分かって、一人一人に合わせたダイエットが出来るようになるのではないでしょうか。

太りにくい食べ物だけを摂取すればよくなって、そんなにダイエットが大変ではなくなるみたいな。

やはりダイエットの中で食事を制限するというのは大変なことだと思いますので、今後食べ物ごとに太りやすさが分かるような感じになると良いですね。

デブ菌とヤセ菌について

先ほどのクラッカーのテストは炭水化物を摂取すると太りやすいかどうかという話でしたが、全般的に太りやすいかどうかが分かる菌が存在するそうです。

その菌とは「デブ菌」と「ヤセ菌」です。

「デブ菌」と「ヤセ菌」は腸内にあるのですが、これらが4:6の比率で存在していると理想的なのだそうで、これが少しでもデブ菌の方が多くなると太りやすくなってしまうそうです。

これらの菌がどのくらいの割合で存在するのかは便を調べることで分かります。

いちおう検査キットがAmazonにて販売されていますが、値段が12934円となかなかの高額です汗

高いですが気になる方は調べてみましょう。

では最後に、これらの菌を増やす食べ物を調べてみましたのでご覧ください。

デブ菌を増やす食べ物
  • 砂糖
  • 小麦粉
  • 揚げ物
  • 冷たいもの

 

ヤセ菌を増やす食べ物
  • 野菜(キャベツ、モロヘイヤ、れんこん、オクラ、ごぼう、白菜、セロリなど)
  • 発酵食品(納豆、キムチ、ヨーグルト、味噌、醤油など)
  • 柑橘系フルーツ(リンゴ、オレンジ、グレープフルーツなど)

 

こんな感じになっているそうです。

これを見て思ったのが、デブ菌を増やす食べ物は「冷たいもの」でヤセ菌を増やす食べ物は「柑橘系フルーツ」だとすると、フルーツは基本的に冷たい状態で食べれると思うので相殺されてしまうのか?と思ってしまいますね汗。

でも調べてみるとフルーツダイエットに成功されている方もいらっしゃるようなので、冷たい柑橘系フルーツを食した場合はヤセ菌パワーの方が強いのかもしれませんね。

これからダイエットする方はヤセ菌やデブ菌を意識して食べ物を食べると良いかもしれません。

まとめ

今回はクラッカーを食べると炭水化物で太りやすいかどうかが分かるテストとその理由、また「デブ菌」と「ヤセ菌」について調べていきました。

 

まとめ
  • クラッカーを食べてから30秒以内に甘みを感じるかどうかで炭水化物で太りやすいかが分かる
  • ダイエットをする方は「デブ菌」と「ヤセ菌」を意識した食事をしてみても良いかも

 

クラッカーのテストはとても簡単ですので皆さんも一度やってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -
ゲームや、その他気になったことに関して情報を載せています。
間違った情報がありましたら、教えていただけると幸いです。

Copyright© About Things , 2019 All Rights Reserved.