〜ゲームや、その他気になったことに関して情報を載せています〜

奥澤友紀の学歴は?お店(Eni)の評判や混雑状況についても!

2019/05/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゲームや、その他気になったことに関して情報を載せています。
間違った情報がありましたら、教えていただけると幸いです。

5月7日(火)に放送される「セブンルール」に人気エビカニ魚卵専門店オーナーの奥澤友紀さんが出演されます。

今回は奥澤友紀さんの学歴や、お店(Eni)の評判や混雑状況について調べていきました。

奥澤友紀の学歴は?

奥澤さんの学歴ということで、調べてみると奥澤さんのFacebookを発見しました。

そこには卒業した高校と大学が記されていました。

まず高校は共立女子中学高等学校です。

偏差値は64ですので、進学校と呼んでいいのではないでしょうか。

昨年の大学の合格実績を見てみると、国公立では北海道大学や筑波大学、千葉大学、横浜国立大学などがあり、私立では早稲田、慶応、上智、東京理科大などがあります。

偏差値の高い大学が多いですね。

 

そして奥澤さんの大学ですが、実は二つの大学を卒業されています。

最初に卒業した大学は東京理科大学工学部です。

東京理科大学の偏差値は62ありますので、やはり奥澤さんも優秀な方だったんですね。

続いて二つ目に卒業した大学は千葉大学教育学部で、偏差値は50〜60くらいだそうです。

工学部の後に教育学部ということですが、もしかしたら理科大に通っているときに教育に興味を持たれたのかもしれませんね。

そして少し気になったのが千葉大学を卒業された年です。

東京理科大学を2004年に卒業されているので、次の年に入学したとしても順当に行けば2008年に卒業されるはずです。

しかしFacebookのプロフィールを見ると卒業した年は2007年となっています。

大学によっては早期卒業を取り入れているところもありますので、もしかしたら奥澤さんもそれを利用されたのかもしれませんね。

ただ、千葉大学の教育学部は調べて見ると早期卒業を制度が無いように見受けられるのですが一体どういうことでしょう。。。

当時は利用できて現在は出来ないということなのか、それともネットには書いていないだけなのかは分かりませんが、Facebookの情報が正しいのであれば奥澤さんが千葉大学教育学部を3年で卒業されていることは確かだと思います。

お店(Eni)の評判は?

奥澤さんが経営しているお店は全部で5つあります。

全ての店舗にEniという言葉がつくのですが(一つはひらがなで「えに」)、この名前は海老の「え」と蟹の「に」が由来になっているそうです。

シンプルな名前の付け方で良いですよね。

ではお店の評判を見ていきましょう。

Crab House Eni

 

住所:東京都目黒区上目黒1-12-15

中目黒から徒歩5分

魚卵House Eni

 

住所:東京都千代田区飯田橋2-9−5

飯田橋駅より徒歩2分

和えに

 

住所:東京都目黒区上目黒1−20−2 加藤ビル2F

中目黒駅から徒歩1分

PASTA HOUSE Eni 五反田

 

住所

東京都品川区西五反田2−6−3 東洋ビル1F

五反田駅より徒歩2分

ボウル&ロールハウスEni

 

住所:北海道勇払郡占冠村中トマム

お店(Eni)の混雑状況は?

調べてみましたが「混んでる」や「並んだ」などという情報は特に出てこなかったので、特別混んでいるということはないのかも?しれません。

しかし今回、奥澤さんがセブンルールに出演されますので、放送後は混雑することが予想されます汗。

並ぶのが嫌な方は放送から少し間を空けて行くといいかもしれませんね。

奥澤友紀のプロフィール

名前:奥澤友紀(おくざわ ゆき)

生年月日:1981年

年齢:37or38歳

 

奥澤さんは25歳頃から飲食系のお店を持ちたいと考えていたそうです。

しかし大学卒業後すぐにお店を開くのではなく一度、世の中の仕組みを知る必要があると考え、オカモト株式会社に就職されています。

オカモト株式会社は3年で退職し、その後は学生時代にアルバイトをしていた「グローバルダイニング」に就職し、「モンスーンカフェ」のスタッフの教育に従事しました。

最後には「タブローズ」で店長を務めています。

 

そしてついに2012年8月に中目黒に1号店となる「Crab House Eni」をオープンします。

オープンしてから沢山のお客さんが来て大繁盛!と、そんな甘いことはなく、最初は赤字ギリギリの経営だったそうです。

そんな中、お客様になぜ来てくれたのか?を聞いていったり、褒められたところはさらに伸ばしていく、ということを徹底しているうちに雑誌やテレビで取り上げてもらい経営が上向いていったのだそうです。

1号店で手応えを掴んだ奥澤さんは2013年7月に2号店「魚卵House Eni」をオープンしました。

1号店のオープンから1年ほどでオープンされたということですよね。

 

そうなると3号店「和えに」も2号店から1年後くらいにオープンしたのか思いきや3号店がオープンされたのは2016年6月です。

この理由は奥澤さんが「筋肉質な組織をつくりあげたい」という思いがあり、人材教育に時間をかけたのそうです。

そういった関係から2号店から出店するまでに時間がかかったようですね。

そして4店舗目の「PASTA HOUSE Eni」は2017年11月に、5店舗目の「ボウル&ロールハウスEni」は2017年12月にオープンされています。

現在は東京と北海道にしか店舗がありませんが、今後は別の場所にも増えていくのでしょうか。

6店舗目は一体どこにオープンするのか・・・。

近くに住んでいない方は6店舗目の発表を楽しみに待ちましょう。

では最後に奥澤さんの経営三箇条を見ていきましょう。

①「ありがとう」「ごめんなさい」を素直に言う

②お客様をファンにする

③Eniに関わったすべての人を幸せにする

引用元:https://www.gourmetcaree.jp/contents/chubou/342.html

こちらの三つだそうです。

②までは理解できますが、③はかなり壮大な目標になっている気がします。

経営者となり多くの人を束ねるようになると、やはり考えることが違いますね。

いや、もしかしたらこのような考え方が出来るからこそ現在、成功されているのかもしれません。

私もEniに一度、行ってみたいですね。

まとめ

今回は奥澤友紀さんの学歴や、お店(Eni)の評判や混雑状況について調べていきました。

まとめると

高校は共立女子中学高等学校

大学は東京理科大学工学部と千葉大学教育学部を卒業している

Eniは東京と北海道にあり、現在5店舗オープンしている

 

ということでした!

今回のセブンルールでは何をされるのか・・・。

楽しみにしましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
ゲームや、その他気になったことに関して情報を載せています。
間違った情報がありましたら、教えていただけると幸いです。

Copyright© About Things , 2019 All Rights Reserved.