〜ゲームや、その他気になったことに関して情報を載せています〜

【テリワンsp】テリワンspのゲームボーイ版との違いについて

2019/01/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゲームや、その他気になったことに関して情報を載せています。
間違った情報がありましたら、教えていただけると幸いです。

テリワンspがリリースしてから早3週間が経ちました!

いや~時の流れは早いですね~笑

私はゲームボーイ版のテリーのワンダーランドをやり込んでいたので

テリーのワンダーランドがスマホでリリースすると聞いた時はめちゃくちゃ嬉しかったです!

 

今回はスマホ版のテリーのワンダーランドをプレイしてみて、ゲームボーイ版との違いについて

紹介したいと思います!

フィールドが2Dではなく3D

まず基本的な違いとしてフィールドが2Dではなく3Dになっています。

これが、割とゲームボーイ版の2Dの感じが好きという方にはウケが悪いかもしれません汗。

こういう方結構いらっしゃいますよね〜。

よくゲームが移植される時はグラフィックがパワーアップして移植されてしまうので

それが逆に良くない的な…。

特にドラクエの移植などで、これが顕著ではないでしょうか。

 

まぁ私は基本的にグラフィックはパワーアップしてくれた方がテンションが上がるので

フィールドが2Dから3Dになってくれたのは嬉しい変更でした笑

能力上限はモンスターごとに決まっている

ゲームボーイ版では能力上限はモンスターごとに決まっていなかったですよね!

どのキャラでも攻撃力と守備力は999まで、素早さは500くらいまで、かしこさは255まで

上げることが出来ていたと思います。(素早さはいくつまでだったか忘れました笑)

 

なので一番耐性が強いゴールデンスライムを他国マスターの吟遊詩人によって

HPを上げてもらうみたいなことやってましたね〜。

(まぁ確か途中で諦めましたが笑)

 

そんな感じでゲームボーイ版では一律で能力上限が決まっていましたが

スマホ版ではモンスターごとに能力上限が決まっています

 

まぁでもこれは当然の仕様ですよね〜。

一律で能力上限が定められていたとすると、一番耐性強いモンスターが最強ってことになって

面白みがないですもんね汗。

 

このおかげでパーティの組み合わせは色々と考える必要が出てくるので

より面白くなったと思います!

モンスターにはS,M,Gの3つのサイズがある

ゲームボーイ版ではサイズという概念がなかったので、どのモンスターでも3体までパーティに

入れることが出来ましたね!

しかしテリワンspではサイズという概念が導入されているので、そのようなことが出来ないように

なっています。

 

まず、テリワンspのモンスターはS,M,Gの3つのサイズに分けられています。

Sサイズのモンスターはパーティに4体入れることが出来ます。

MサイズはSサイズのモンスターの2体分になるので

例えばMサイズのモンスターだけでパーティを組もうとすると2体まで入れることが出来ます。

GサイズはSサイズのモンスターの3体分になるので

Gサイズのモンスターはパーティに1体しか入れることが出来ません。

もちろんサイズが大きくなると能力も高くなるので

MサイズやGサイズだからフリということはありません。

 

これもパーティを工夫する余地が出てくるので、面白い仕様だと思います!

特技はスキルを組み合わせて覚える

スマホ版ではスキルという概念が登場しています!

スキルにスキルポイントを振り分けることで特技を覚えることが出来ます。

スキルポイントはモンスターのレベルを上げると決まったレベルごとに付与されていきます。

 

所持しているスキルはモンスターによって異なり、配合すると子にスキルが継承されます。

なので、自分が覚えさせたい特技がある場合、覚えさせたい特技を含むスキルを継承させる

という形になります。

 

ゲームボーイ版と比べると少々面倒くさいですが基本的に好きな特技を覚えさせることが可能ですので

この仕様は問題ないと思います!

育成や配合が簡単になっている

育成:メタルキングを倒しまくれる扉がある

ゲームボーイ版のテリーのワンダーランドでは野生でメタルキングが出現する扉はありませんでした。

はぐれメタルしか出現しなかったので、レベル上げが大変だった記憶があります汗。

しかも、はぐれメタルが出現する階まで進める必要があったので面倒臭かったですよね笑。

 

スマホ版ではストーリーを一通り終わらせるとメタルキングが出現する扉があります。

しかも、その扉の5階にメタルキングが出現するので階を進めるのに時間がかかりません。

さらにスマホ版ではオート戦闘というシステムがあり、戦闘をオートで行うことが出来ます。

一定の強さになればオート戦闘を使うことでメタルキングを確実に倒すことが出来るようになります。

正直、オート戦闘じゃないと逃げられている確率が高いのですが、

なぜかオート戦闘だと全員倒すことが出来るようになっています。笑

 

このようにメタルキングを倒しまくれるので、育成するのが非常に容易になっています!

配合:一度捕まえたモンスターが出現する扉がある

強いモンスターを作ろうとすると、その親となるモンスターを作るのも大変だったりします。

ゲームボーイ版ではダークドレアムを作るのに、かなり苦労した記憶があります…笑。

 

しかし、これもビックリしたのですがスマホ版では

一度入手したモンスターが出現するという最強の扉がありますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ。

???系でも全然、出現するので最初見たときはかなり驚きました笑。

ゲームボーイ版では???系と言えば、かなりレアな存在なので

野生で出現していいのか?笑、とも思いましたがゲームボーイ版と比べると

モンスターがかなり増えているので、配合の面倒くささを考えると仕方ない仕様なのかな、と思います!

まとめ

今回はテリワンspのゲームボーイ版との違いについて説明していきました!

基本的にゲームボーイ版にハマっていた人は、スマホ版でもハマるのではないかと思います。

スマホで手軽に出来るので、ぜひやってみることをオススメします!

 

では、ここまで読んでいただきありがとうございました〜!

この記事を書いている人 - WRITER -
ゲームや、その他気になったことに関して情報を載せています。
間違った情報がありましたら、教えていただけると幸いです。

Copyright© About Things , 2018 All Rights Reserved.