〜ゲームや、その他気になったことに関して情報を載せています〜

【ウイイレアプリ2018】スタンダードに勝てない人に向けて<攻撃編>

2019/01/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゲームや、その他気になったことに関して情報を載せています。
間違った情報がありましたら、教えていただけると幸いです。

ついにアプリのウイニングイレブン2018が12月13日(木)にアップデートされることが

発表されましたね!

グラフィックや様々仕様が変更されるということで、とても楽しみです( ^∀^)。

このアップデートを機にウイイレユーザーが増えることを期待し、

今回は僭越ながらスタンダードに勝てない方に向けて勝つ方法説明させていただきます!

私自身がウイイレアプリをやり始めた時にスタンダードに勝てなかったので

同じような方の参考になれば幸いです!

 

今回の記事ではとりあえず攻撃の方法について説明します!

私の実力について

んで、あなたの今の実力はどんなもんなのよ?

って思う方もいるかもしれませんので、いちおう書いておきます!笑

私の実力はCOMのトッププレイヤーに勝率9割スーパースターには勝率7割くらいで

オンラインのレートでは最高で900くらいです!

 

特に自慢出来るレベルではありませんが、

これでもウイイレを始めた頃に比べればかなり成長しました笑。

最初の頃は調子にのってスーパースターに挑んで玉砕し、

そこから一つずつCOMのレベルを下げて対戦していましたが

気づいたらスタンダードにも負けていました笑。

 

何とか相手のゴール前あたりまでにボールを持っていくものの

DFを抜く方法が分からず、DFにボールを毎回とられてしまうんですよね〜。

DFを抜く方法が分からなかったのも、この時はスルーパスの使い方が分からなかったからです笑。

 

このくらいウイイレが苦手でしたが、練習すればそれなりに上手くなりますので

諦めずに頑張っていきましょう!笑

ドリブルのコツ①「相手の動きをよく見る」

まずは選手一人一人がボールを取られないようにするためにドリブルを磨きましょう!

 

ドリブルの基本は相手の動きをよく見ることです!

私が苦手だった頃がそうだったのですが、ウイイレはゲームの都合上

スタジアムを俯瞰で見ているので選手一人一人がどうしても小さくなってしまいます。

そのため私は最初、選手一人一人の動きをしっかりと見ていませんでした。

 

しかし、そうすると相手から簡単にボールを取られてしまいます。

なのでまずは選手一人一人の細かな動きをちゃんと見ることを意識した方がいいです。

そうすることでドリブルがかなり上達していきます!

ドリブルのコツ②「相手に背を向けるようにドリブルをする」

ドリブルのもう一つの基本は相手に背を向けるようにドリブルをすることです!

そうすることでボールをなるべく取られないようにすることが出来ます。

 

以下の動画のような感じですね。

 

また、この基本が出来るようになったら左右にうねうね動きながらドリブルすると尚良いです。

なぜなら、ただ背を向けるだけだとしつこくプレスされてボールを取られてしまうことがあるので

左右にうねうね動きながらドリブルすることでかわすことが出来ます。

 

実際スーパースターのCOMも、うねうねドリブルしてきます。

かなり有効的な手段なので練習して身につけましょう!

パス回しのコツ①「とにかくパスはCFに回す」

基本的にパスはCFに回すと上手くいきます

CFに回した後は後述するスルーパスやワンツーをすることによって相手DFを抜くことが出来ます。

ただ、キックオフの際にはすぐにCFにパスするのではなく

CFが相手DFに到達した段階でパスを出すのが良いです。

 

キックオフの際にすぐにCFにパスを出しても相手のCMFやDMFなどに捕まってしまい

ボールを取られてしまいます。

なのでCFが相手DFに到達するまで良い感じにパスを回しましょう笑。(適当か笑)

パス回しのコツ②「ボールを持っている選手に集中しすぎない」

最初はどうしてもボールを持っている選手に集中してしまいがちだと思います。

私も最初はボールを持っている選手にばかり目を向けていました汗。

ただ、そうなると味方がどこに居るのかが把握できていないために

相手がボールを取りに来ると、パスを出せずに簡単にボールを取られてしまいます。

 

なので、上手くパスを回すためにはボールを持っている選手だけを見るのではなく

周りをよく見るようにすることが重要です。

また、適当に周りを見渡すのではなくある程度フォーメーションを把握しておくと良いですね。

そうすることで何となく味方がどこにいるのかが分かるので、見るポイントを絞ることが出来ます。

点の取り方①「スルーパスを覚えよう」

スタンダードにも負けてしまう方はおそらくスルーパスの使い方が分かっていない可能性があります。

なぜならウイイレが苦手だった当時の私もスルーパスの使い方が分からなかったからです汗。

このタイミングでスルーパスを出すと、どのようにボールが転がっていくのか

ということがイメージ出来ていないがために、スルーパスを使うことが出来ないのです。

 

スルーパスの使い方が分からないとDFを抜くことがかなり難しくなるので、

まずはスルーパスを使いこなせるようになることが重要です。

 

基本的にスルーパスは選手の目の前のスペースに出します。

スペースがある!と思ったらそこにスルーパスを出すと勝手に良い感じに出してくれます。

例えば以下のような感じですね。

 

 

最初はそもそもどこを見たら良いのかも分からないかもしれませんが、

基本的には相手のDF付近に自分の選手がフリーでないかを見れば良いです。

例えば、上記の動画では4−1−2−3でWGが居るフォーメーションです。

 

CFにパスを出すと相手のサイドの選手が中央に寄ってくるので

そのおかげでWGがフリーになります。

今回はそのフリーになったタイミングでWGにパスを出しました。

とりあえずパスを出してみると今回の場合にはディバラが中央を抜け出していたので

そこにスルーパスを出した、という流れになっています。

 

スルーパスが使えないと、そもそも点を取ることがかなり難しくなってきますので

スルーパスの使い方がよく分かっていない人は、フリー練習でスルーパスの練習をしましょう!

点の取り方②「ワンツーを覚えよう」

スルーパスで相手を抜くことも出来ますが、

味方が相手DFにマークされているとスルーパスを出しても取られてしまいます。

スルーパスは味方が相手DFのマークを外せるかが重要になってくるので

味方が相手DFのマークを外せないと一向にDFを抜くことが出来ません。

 

DFを抜けないと点を取ることが出来ないので、

味方の動きによって点を取れる取れないかが決まることになってしまいます。

それは面白くないですよね汗。

そこでこっちから仕掛けて点を取る方法があります。

それがワンツーという連携技です。

 

ワンツーとは味方にパスを出したと同時に走り、パスを受けた方が

パスを出した方にワンタッチでスルーパスをすることです。

以下のような連携技です。

 

基本的にDFは詰めてこないですが、ペナルティエリアが近づくとこのように詰めて来ます。

この詰めて来る瞬間にワンツーをすると上手くいきます

ワンツーはタイミングが重要なので、慣れるまではDFにボールを取られてしまうかもしれませんが

慣れれば難しくありません。

 

動画を見てもわかると思いますが、ワンツーで2人のDFを抜くことが出来ています。

かなり強力な技ですので、身につけると点を取りやすくなりウイイレがかなり面白くなります笑。

ぜひ練習して身につけていきましょう!

ボールを奪ってからワンツーするまでの流れ

では最後に相手のボールを奪ってからワンツーをするまでの流れについて説明します。

ワンツーは基本的にカウンターの時に行いやすいので、

カウンターからワンツーをするまでの流れを説明します。

 

先ほどのワンツーの動画をボールを奪うところから流します。

 

今回の説明で使っている監督はリカルドソディ監督ですが

基本的にWGが居ればこのような流れになります。

 

カウンターの際にはいかに早くCFにボールを回せるかが重要です。

なぜならCFにパスを回すのが遅くなってしまうと相手のMFが自陣に戻ってしまい

MFを抜く必要が出て来るからです。

なので早くCFにパスを回すことを意識してください。

 

今回はサイドでボールを奪ったので、WGにパスをすることが

CFにパスを回すルートとしては一番近くなるので最初にWGにパスをしています。

ちなみにWGが画面に映っていないのでパスが通るか不安な方と思いますが

基本的にWGは相手DFよりも前に居るのでパスを出しても通ります。

 

まずはこのパターンから点を取れるように練習してみましょう!

まとめ

今回はウイイレアプリでスタンダードにも勝てない方に向けて勝つ方法を説明しました。

今回の内容がウイイレアプリが苦手な方に少しでも参考になったら幸いです!

 

では、ここまで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
ゲームや、その他気になったことに関して情報を載せています。
間違った情報がありましたら、教えていただけると幸いです。

Copyright© About Things , 2018 All Rights Reserved.